top of page

【実験】緊張に勝つにはどうしたらいい?バイオリン奏者による実験・前編




みなさんこんにちは。


楽器をを演奏するにあたって誰もが格闘している敵、


そう、それは、


緊張


です。






お教室に通われている生徒さんによくされる質問なのですが、




「プロの方でも緊張とかされるんですか?」



と言う質問。



結論から言うと、


めっっちゃします!!!


ど緊張します!!


なんなら、どちらかと言うと人前に出るの苦手です。




私もこの"緊張"と言う魔物とかれこれウン10年戦って参りました。




喉が渇き


手足は震え


パフォーマンスは普段の練習の20%、


下手したらマイナス。。。


(いつもではありませんが。。。。下手するとこんなプロでもこんな状態に陥ります。)


正直こんなのもう嫌なんですよね〜。。。



オーケストラに所属し、大学の講師になり、生徒さんを教えている立場として、


本格的に克服したいと考え、今回"緊張"との向き合い方について実験をしてみることにしました。




実験をするに至った経緯



最近、田中敦彦さんのyotubeチャンネルを拝見し、もしかしたら演奏活動に役立てることができるかも?


と思ったタイミングが、神奈川フィルさんとの共演が迫っているタイミングでしたので


(もう、どう考えても緊張するに決まってるんです)、


ここは自分を実験台にして検証してみよう!と思い、実験をすることに致しました。



田中敦彦さんのyoutubeの内容

緊張せずに人前でプレゼンをするためのメンタルコントロール


※ここでは、”プレゼン”とありますが、緊張する状況というのは同じですので視聴してみました。




ざっくりとした内容は、



・いい緊張を知ることで、緊張を恐れなくなる


いい緊張と悪い緊張の違い


いい緊張の条件→準備をきちんとする、結果を出したい!という気持ち


悪い緊張→準備をしていない、不安、焦り


・いい緊張を理解することで、いざ舞台に立つと穏やかな気持で臨める、

ゾーン状態に入ることができる


・悪い緊張(準備不足)のときは、本番前に緊張のマックスが来ない。

本番に突入したあとにマックスがやってくる、最悪なパターン。


いい緊張であるのに、勘違いして悪い緊張(頭が真っ白状態)になってしまうケースはもったいない。


・この緊張はスポーツ科学的にも、心理学的にもコンセントレーションに近いんだよね、ときちんと理解をすることが大切。


・例えば、水の中で溺れそうになったときに、もがけばもがくほど沈んでいくのと一緒で、頭できちんと”体には浮力がある”ということを理解していれば落ち着いてもがくのをやめ、溺れずに済むのと一緒。


いい緊張について理解をしておくことが重要、



ということです。




なるほど、、、、、


脳というものは不思議なものですね。



楽器を弾いていらっしゃる方はよくご存知だと思いますが、


ゾーン状態に入れて、いい演奏が出来たとき、



ここまで頑張ってきてよかった


いい演奏が出来て幸せだ!


と思うはずです。 願わくば、私も毎回そんな本番をしたいのですよね。


・・・・よし、それでは実験してみましょう。






後編へ続く





まなべバイオリン教室

無料体験レッスン随時受付中!

tel : 050-3555-4175

HP : https://www.daishi-violin.com









閲覧数:60回0件のコメント

Comments


bottom of page