録音練習の勧め



皆さんこんにちは!



最近は暑さも和らぎ毎日涼しい、、、というよりは、肌寒いですね。


そろそろ衣替えかな???なんて思いながら過ごしております。




さて、今回は


録音練習の勧め


ということで、私が日常で感じた録音練習の素晴らしさについて少しお話したいと思います。




まず、私がなぜこの記事を書こうかと思ったかと言いますと。。。。





最近"Allez Duo"というバイオリンとオルガンのデュオを結成し、日々録音と編集に勤しんでおります。


Allez Duo G線上のアリア

(気に入っていただけたらチャンネル登録と良いねをお願いいたします♪)





曲目はネタバレになってしまうので伏せますが(今後投稿予定)、



ある有名曲、



ロマンチックでメロディーの運びがとっても素晴らしい曲を最近自宅でレコーディング・収録・編集をしておりました。



やはり、世に出る物、ずっと残るものですのでとっても時間をかけてパートナーの秋本奈美さんと日々やり取りをしながら丹念に制作しております。

(そのため製作ペースが遅めですが、一生懸命良いものを作っています!)



その名曲、メロディーラインが結構動くので、音程を取るのが本当に難しい。。。。



しかし、チャレンジだ!と思いいざ録音してみることに。。。。



すると!


なんと!!



これが正しいと思っていた音程が録音を聞いてみるととんでもなくひどかったのです。



これには本当に度肝を抜かれました(音程がファンキーすぎて)。






実際に相手に聞こえている音と、弾いている本人が感じてる音には差があることがある、



ということを生徒さんとのやり取りで気付かされることが往々にしてあります。





これは、音程だけにとどまらず音質・音のテンション・ビブラートの速度等に関しても同じことが言えます。



さすがに録音オンリーですべてのことがわかる訳ではありませんが(弾いている箱の大きさや楽器の違い等もありますので)、



できる範囲で自分の音を管理するためには録音練習、本当におすすめですよ♪






余談



私は毎朝日課で近くの公園を7~8kmほど走っています。



その時に時間と距離をアプリで記録しているのですが、体感のスピードと実際に出ているスピードのギャップにびっくりしたことがあります。



距離をこなしたいから今日は3km超えたらゆっくり走ろうと思って走り終えたら3km過ぎたあたりからスピードが早くなっていたり、


今日はイケてるぜ!ガンガン走ろー!と思って意気揚々と走っている時に実際は全然スピードが出ていなかったりとか。



不思議ですね〜〜〜。



先述した実際に相手に聞こえている音と、弾いている本人が感じてる音には差があることがあるということに近いのかな??



とか考えながら、記事にするまでに考えて日々走っていました笑。



いかがでしたか?




先生に注意されていることがイマイチ理解できない時など

(先生が聞いている音と弾いている人が出しているつもりの音・表現・ニュアンスにギャップがある可能性あり!)


是非録音練習を積極的に取り入れてみてくださいね♪





まなべバイオリン教室

無料体験レッスン随時受付中!

tel : 050-3555-4175

mail : daishiviolin@gmail.com

HP : https://www.daishi-violin.com


#まなべバイオリン教室 #バイオリン #個人教室 #マンツーマン #個人指導 #無料体験 #川崎 #川崎区 #川崎大師 #駅チカ #神奈川 #バイオリニスト #ヴァイオリニスト #youtube #allezduo #アレ・デュオ #クラシック音楽 #バイオリンレンタル #福井彩花 #眞鍋彩花

#録音 #録音練習 #練習法 #アドバイス #上達法 #やってみてね


© 2023 著作権表示の例 -Wix.com
で作成されたホームページです。

  • Twitterの社会のアイコン